乳酸菌 摂取方法

乳酸菌の効率的な摂取方法

乳酸菌には生きて腸まで届くものと、胃を通過する際に、胃酸によって死んでしまうものがあるとされています。
生きた状態で腸まで届けるためには、できるだけ胃酸の影響を受けないように、胃酸が少ないタイミングで摂取するのが一番です。
空腹時に摂取する場合は、胃の中は空の状態ですので、直で胃酸の影響を受けてしまいます。
そのため、空腹時に摂取することは、避けた方が賢明です。
食べ物が充分胃の中に入って胃酸が薄まっている「食後」に摂るのが、一番効果のある時間帯と言えます。
ただ、ここで言えることは、決まった摂取方法による効果ということです。

 

 

摂取方法としては、液体などの生の乳酸菌に対して言えることで、カプセルなどで保護されているサプリメントや、胃酸に強いタイプの乳酸菌には当てはまりません。

 

また、ピロリ菌に対応した善玉菌を含むヨーグルトを摂取する場合は、生きたまま腸まで届ける必要がありますので、空腹時に摂取するのが効果的と言えます。
しかし、最近の研究では、腸内環境を整えるために摂取する場合は、生きた乳酸菌も死んだ乳酸菌も、効果はそれほど変わらないという意見も発表されています。
それが本当だとしたら、摂るタイミングは関係ないとも言えます。
いつどのタイミングで摂るというよりも、継続して摂り続けることが重要だと言えます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ