乳酸菌を腸まで届ける

腸まで生きたまま届く乳酸菌の体に良い働き

乳酸菌は腸まで届くことにより、腸内の環境を改善するのに役立ちます。それは生きたまま届くことで善玉菌の活性化を促し、悪玉菌の増殖を抑制してくれる効果が期待できるためです。
善玉菌が腸内で増えることで病原菌を撃退する働きやコレステロールを抑える効果も期待できることが分かってきていて、体の健康を保つためには欠かせない存在と言えます。しかし、食生活の乱れやストレスなどから悪玉菌の割合が多い人が増えてしまっているため、食べ物や飲み物、サプリメントなどで乳酸菌を補う必要があります。

 

 

乳酸菌が腸内で有機酸をつくり、それが腸内での善玉菌の働きを助け腐敗を防止してくれます。このため、腹のハリやお通じの出が良くない人にとっても有効性があります。体調改善を目指して摂取するときには、腸まで届くことが可能な乳酸菌を取ることが大切であり、また一日の適量を取り入れることで良い結果に繋がります。体に良いからと体内に取り入れすぎるとお腹がゆるくなる人もいますから、注意して摂取するべきです。

 

カルシウムが不足している人も、乳酸菌で回復傾向が見られたという研究結果も出ています。さらには花粉症などのアレルギーや虫歯予防に対しても一定の成果が出ていると発表されているので、医師と相談をしながら摂取を検討すると良いです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ