乳酸菌 摂り過ぎの副作用

乳酸菌とりすぎによる副作用

乳酸菌は整腸作用があるため、腸内環境を整えるために毎日口にするのが良いと言われている食品です。腸内でビフィズス菌が活発に活動し、腸内環境を整える働きがあります。

 

この善玉菌の働きによってお通じが開戦されるという効果が期待できます。お腹に良い、体に良いと言われる乳酸菌なのでできるだけたくさん取れば良いと勘違いをされる方がいますが、一度にたくさん食べるとお腹の調子を崩しやすいという一種の副作用にも似た現象が生じてしまうことがあります。

乳酸菌は一度にたくさん食べれば良いというものではなく、できるだけ毎日適量を口にするような食習慣を身につけたいところであります。

 

副作用はお腹を壊す以外は特にありません。効果的な乳酸菌の取り方といえば、朝食時にフルーツやシリアルと一緒にヨーグルトを食べると良いでしょう。最近ではスムージーにヨーグルトを混ぜて飲む人も増えているので工夫一つで美味しく召し上がることができます。乳酸菌を含む製品には、乳製品の他にお漬物があります。夕食時に一緒にいただくと効果的です。忙しくて朝食をなかなか取れないという方には、サプリメントの活用をオススメします。サプリメンから手軽に摂取できます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ